ライン作業

工場勤務で一番多いと言われているのがライン作業という仕事です。ベルトコンベアに乗った製品を順番に加工していったり、お弁当に入っている具の崩れなどの修正とチェックをするなど、就労先によってやる事は千差万別です。ただ、単純作業の繰り返しという点は変わりありません。ライン作業のメリットや注意点、向いている方について解説していきます。

ライン作業のメリット

ライン作業の注意点

ライン作業に向いている方

マシンオペレーター

マシンオペレーターのメリット

「マシンオペレーター」といっても手作業の工程が比較的、多いといわれているプレス加工オペレーターから、ほとんど座ったままでコンピューター入力するだけのNC旋盤機械オペレーターなど幅は広いです。どのマ…

More Info

マシンオペレーターの注意点

工場の求人には様々な種類がありますが、職種の項目でよく見かけるのがマシンオペレーターです。使用するマシンは工場によって大きく異なっており、それぞれに注意点があります。使い方を間違ってしまえば、製造…

More Info

工場の求人には色々な雇用形態がある

utエイムの求人には、正社員の他に期間工やアルバイトなど色々な雇用形態があり、仕事内容によっては未経験者も採用してもらうことが可能です。

マシンオペレーターに向いている方

単純作業を繰り返しできる

マシンオペレーターの仕事は自分の担当するラインで決められた作業を延々と続けなければなりません。作業内容も複雑なものではなく基本的に誰でもできる内容なので単純作業になります。また、工場の仕事は基本的に残業も含めて長時間勤務ですので集中力を切らさず作業できることが求められます。また、製品完成までの工程を細かく分けて作業を分担しているので一体自分が何をしているのかが見えにくい職場でもあります。そうした中でも自分の担当しているラインが全体にどのような影響を与えているのか、製造しているものが社会にどう貢献しているのかなどを見つけてやりがいを感じながら取り組める人はマシンオペレーターの仕事に向いていると言えます。

責任感を持って落ち着いて取り組める

例えば半導体の製造などマシンオペレーターの仕事は一見すると難しそうに感じられますが、仕事内容は単純作業の繰り返しで特別な資格などは必要なく誰でもチャレンジできる仕事です。しかし、その反面責任感を持ってしっかりと仕事に取り組める人が求められます。というのは、ライン毎に役割が決められている分、場合によっては1つのミスが大きな損失に繋がる可能性があるからです。製造ですので1日のノルマが決められていることが多いので効率よく作業を進めていくことも必要ですが、それ以上に正確に仕事をこなしていく丁寧さと責任感の強さが必要です。また、機械を使うので急なトラブルが発生することもありますが、慌てずに落ち着いて対処できる冷静さも必要です。